「環」 - Kan

2つのギャラリー空間をKanディスプレイシステムで融合。
強化和紙を折り紙方式で幾何学的パターンを成立。ディスプレイ面として様々なプロダクトを展示できる。
白い折り紙サーフェースでジュエリーを引き立たせるディスプレイ。
様々な6角形から成るパターンでネックレスやブレスレットディスプレイとして活用されたKanのディスプレイデザイン。
ディスプレイシステムのディテール。木製フレームに強化和紙ディスプレイサーフェースを設置。
ヘキサゴン(6角形)パターンのバリエーションをフィールド状に並べ、様々な高さに調整しつつプロダクトの配置と展示を計画。
ディスプレイシステムの配置図と展示ダイアグラム。
Kanは様々なデザインプロダクトを展示売買するために制作されたポップアップストア。
ジュエリー、印、書、ジェルフラワーや照明器具などKanは様々なデザインプロダクトを展示売買するために制作された
Kanのコンセプトは日本の四季と循環する時間や空間を表現したインスタレーション。
  • Title: 「環」 - Kan
  • Type: Interiors, Installation
  • Area: 75 m2 / 800 sf
  • Location: Kobe, Japan
  • Date: 2013
  • Client: KoukoAn
    Sol De Sol
    Studio m+c
  • Status: Completed

「環」 - Kan

展示内容はジュエリー、印、書、ジェルフラワーや照明器具。互いに全く関係性のない作品であり、更にギャラリーフロアは2つの空間で分離されている。プロジェクトの最大のチャレンジはこの作品と空間をどのような方法で融合させ明るい雰囲気を形成するかである。

展示の主なポイントは製品の販売であるため、展示作品がどのようにディスプレイされるかに重点が置かれた。かたくな展示よりインフォーマルながらもその個々の作品が強調されるような仕組みをテーブルデザインに試みた。

数十点のテーブルは六角形多面体のパネルサーフェースで構成し、パネルのパターンは7タイプに落とし込まれた。これらを連続的に並び合わせることでテーブルのフレームとトップはギャラリー空間内を包み蛇行するような動きを働きかけた。パネルは強化和紙で造られておりこれらを繋ぎ合わせることでテーブルトップの面は強度を増しどのような重い展示物も設置が可能になる。

パネルの異なる凹凸は商品の配置にも便利であり、全体的にも流れるようなランドスケープ的な雰囲気をも保ちだすことが可能になる。

Related Projects:

©2008-2018 24d-studio, All Rights Reserved