Cut Back Hills

Cut Back Hills はサンクレメンテのサーフスポットに位置する高架橋の提案。湿地や線路を覆うダイナミックな橋。
Cut Back Hills敷地図。
Cut Back Hillsに関与する6つのデザインポイントはユーザー駐車場からビーチまで安全なアクセスと魅力的なビーチの風景が眺められる。
Cut Back Hills全体図。
Cut Back Hillsの侵入スポットには公共トイレが設置。パイプラインのような形態を提案。
Cut Back Hills進入口トイレスペース。
線路をまたぐCut Back Hills。通り過ぎる電車の音を遮断するように形体操作した。
ビーチへのアクセスポイントではレストエリアと駐輪所を設けた。
  • Title: Cut Back Hills
  • Type: Architecture, Landscape
  • Area: 48,500 m2 / 522,000 sf
  • Location: San Clemente, CA, USA
  • Date: 2010
  • Status: Proposal

Cut Back Hills

Cut Back Hillsはアメリカ・カリフォルニア州のサンクレメンテ近郊にあるサーフスポット・トレッセルズへの掛け橋の提案。世界屈指のサーフィンコンペ等が行われトレッセルズは年々利用者が増えている。フリーウェイ101号線沿いにある駐車場からのアクセスは電車が度々通る線路を横断しなければならないため、掛け橋を提案することで安全なアクセスが可能になる。

デザインのインスピレーションは流木の動きとサーフィンで利用されるダイナミックな動き。この提案では傾斜に沿った動線を提案することでトレッセルズのゆっくりと安全にアクセスすることに優先権が与えられた。優先順位に伴い、環境を観覧することもできるスペース、更にはサーフィンコンペを眺めるための特設観客席・展望台も設けることが可能になる。

駐車場付近にはトイレとシャワー室を設けており、その向かいには地域特有の低木の風景が眺められる展望デッキが設置されている。斜面を下ることで更なる展望デッキ、そして特設観客席でパノラミックなトレッセルズと太平洋が眺められる。線路を横断するところでは安全性を考慮してトンネル状の通路へ変化させ、括り抜ければ複数のビーチアクセスと駐輪所を設けた。

Related Projects:

©2008-2018 24d-studio, All Rights Reserved